• ホーム
  • 検索順位上位のWebサイトにはどんな特徴があるか

検索順位上位のWebサイトにはどんな特徴があるか

パソコンを使用する女性

Googleでは、不定期にアルゴリズムの変更をしています。
より良いコンテンツのWebサイトが、検索上位表示されるためです。
アルゴリズムを変更する度に、多くのWebサイトが新たなSEO対策に取り組みます。
対策が効果を発揮すればWebサイトが上位表示されますが、対策が上手くいかないこともあります。
間違ったSEO対策を続けていると、Googleから悪質なサイトとしてペナルティを科される恐れすらあるので要注意です。
サイトデザイン対策やコンテンツ対策、モバイルユーザビリティに至るまで、バランスよく対策する必要があります。

検索順位が常に上位にあるWebサイトは、外部対策と内部対策の両方に配慮している傾向にあります。
内部対策は、Webサイトの中身に対して実施する対策です。
検索エンジンのクローラーには、認識しやすいページ構成や内部リンクの構造があります。
HTMLやCSSなどの構成を最適化することはもちろん、ページタイトルやh1タグの最適化も重要です。
metタグの最適化が漏れていないかどうかも、見直してみることをおすすめします。
内部対策には、記事の充実度に影響するコンテンツ対策も含まれます。

特にコンテンツ対策は、SEO対策で最重要といってもよいでしょう。
Googleの傾向として、専門性の高い記事が高く評価されやすいからです。
サイトデザインになど凝っていなくても、社会に役立つ専門性の高い記事だと判断されれば、検索順位は上がりやすくなります。
ただし、文字数に関しては必ずしも多ければ上位表示されるとは限りません。
少ない文字数でも価値あるコンテンツを提供するには、見込みユーザーをファンにするようなコンテンツマーケティングも効果的です。
Webサイトにファンが増えれば無理なく被リンク対策が成功し、検索順位を上位でキープしやすくなります。

被リンクを増やすことで第三者からの評価を高めるのは、外部対策になります。
つまりコンテンツマーケティングを行うことで、被リンクが増える外部対策もできるわけです。
近年の傾向として、モバイルユーザビリティにも配慮しているWebサイトが検索上位表示されやすくなっています。
PCは使用せず、日常的にスマートフォンのみでインターネットを利用するユーザーが増えていることもあり、モバイルで快適な閲覧ができないWebサイトは致命的です。
モバイルで検索上位に上がっているサイトを見習うことも忘れないようにしましょう。