• ホーム
  • サテライトサイトでの中古ドメイン使用は効果的か

サテライトサイトでの中古ドメイン使用は効果的か

SEO対策で無視できないことの一つに、被リンク対策があります。
被リンク対策の代表的な方法の一つが、サテライトサイトの作成です。
メインサイトの評価を高めるために、他のサイトを作ってリンクをさせるという手法は根強い人気があります。
メリットとして挙げられるのが、メインサイトと相互に検索上位表示される期待が出てくることです。
メインサイトの検索順位が上がるためには、良質なサイトからリンクされている必要があります。
そこでサテライトサイトの内容にも力を入れると良質なサイト同士がリンクしあっていることになり、検索エンジンに評価されやすくなるというわけです。

ただし、サテライトサイトを利用した被リンク対策にはデメリットもあります。
メインサイトだけでなく、新たに作ったサイトのコンテンツ内容にまで力を入れるのは大変です。
おまけに、苦労して作っても、すぐに検索エンジンにインデックスされるとは限りません。
なるべく早く検索エンジンに精査・インデックスされるためには、実績が必要です。
だからこそ、実績のある中古ドメインを利用するのが効果的なのです。
そうはいっても、中古ドメインをサテライトサイトに使用するときには注意点もあります。

中古ドメインなら何でも、検索上位表示されると思ったら大間違いです。
ドメインの中には、検索エンジンにペナルティを科されているものもあります。
もしも悪質と判断されていた実績を持つ中古ドメインを選定すれば、新しく作ったサイトに悪影響を与えかねません。
いくら良質なコンテンツを掲載しても、中古ドメインの過去の評価がデメリットになる恐れがあるのです。
中古ドメインを精査して選定することは、重要な作業です。

もちろん、良い実績を持つドメインをサテライトサイトに使用すれば、検索サイトの上位表示が早まるメリットがあります。
検索順位を上げるだけでも工夫が必要ですから、少しでも時短で上位表示をかなえたいところです。
サテライトサイトを複数作成する場合には、ただ単に実績があるドメインというだけでなくジャンルを同一にするなどの選定の仕方にもこだわりましょう。
共通したジャンルのサテライトサイトに訪問した新たなユーザーがメインサイトに流入してくれれば、メインサイトへのアクセスがさらにアップします。
被リンクをするためだけにサイトを作るのではなく、目的のある被リンク対策ができるのは大きなメリットです。